Home > 産業医

産業医

医師の働き方として産業医という方法があります。産業医というのは、ある企業専門の医師となることです。そのため、大企業に勤めることがほとんどです。

仕事内容としてはその企業の社員たちの健康管理をしていくことになります。大きな工場などの場合、一人でも人員が欠けてしまうと大変です。健康管理をきちんと行ってくれる人がいれば、その企業にとっても安心して社員たちに働いてもらうことができます。健康のための診察をしたり、アドバイスをしたりといった業務になるため、大きな手術などを手掛けることはないものの、企業にとっては重宝される医師となります。

また、安定した収入を得られるというメリットもあります。常にその会社に勤務することになるからです。その企業の産業医という立場ではあっても、社員の一人という考え方もできるため、一定の収入を得られることになります。何よりも社員たちのために尽力できるというところがやりがいを感じられます。