Home > 在宅医師

在宅医師

医師と言えば、病気を治す事が専門の仕事で病院、医院、クリニックなど勤務する形になります。大学や勉強で体の専門部分を専攻して学び、免許を習得します。脳、内科、外科、歯科、泌尿器科など、病気になった部分を治療していき収入も高額と言える職業です。

また、病院勤務以外に、家へ訪問する在宅医師も存在し定期的な治療を行います。在宅医師を依頼する人は、手足が不自由な人や、寝たきりの人などが見られます。家で手術などを行う訳ではなく、透析、薬注射、ケアサポートが主な業務で決まった時間に訪れます。患者の多くは多くは高齢者になるので、24時間体制で勤務する形が基本です。

医師と看護婦がケア以外に、気持ちを和らげる会話なども行い、患者との信頼関係を持つようになります。しかし、在宅勤務もトラブルは必ず起きえます。患者が寂しいので深夜に電話をかけてきたり、下の世話を依頼する家族も存在します。在宅医師は、ホームヘルパーではないので医師が在宅業務を説明する事で、家族の理解を得れるでしょう。